お父さんのお日様に、身寄りからの喜ばしい歓迎を受けました

6ひと月19お天道様は父親のお天道様でした。今日早朝はなにも知らされていませんでしたが、夕暮れから中学校の二人のお子さんと嫁を中心に、ボクと、同居やる父のために料理の支度が始まりました。
やれるまでは秘訣なので、台所には近寄らないようにしたり、コンビニエンスストアにビールを買いに行ったりして時間をつぶすことにしました。
帰宅したら次女が握りこぶしを氷水に擦り込み、ひたすらしていたのでびっくりして話を聞くと、フライドポテトをしていたら油がはねて飛び散り、握りこぶしや首にかかったということでした。
赤くミミズ浮腫のようになってしまい、大して痛くは弱いということでしたが可哀想でした。
あんな傷もありましたが、食事も一切完了し呼ばれていくとちゃぶ台いっぱいにたくさんの料理が並んでいました。
どれも、自分が普段から好きなものを一心に考えてくれてアレンジしたりオリジナルしたりしてあり、甚だ感激しました。
小さかった子供たちも、自分で包丁をもち考えながら食事を決めるようになったんだな、と感慨深いものがあります。
ビールをグラスに注いでもらいながら気持ちのこもった食事を食べ、嬉しさもひとしおのひと時でした。キャッシング 金利